診療報酬流動化

<取引図>


【図9】


<概要>
  • SPCは診療報酬債権の債権者である医療機関から診療報酬債権を取得し、譲渡代金を支払います。
  • SPCは社保・国保から診療報酬債権を直接回収します。
  • SPCは、債権回収に伴い債権を新たに取得する方法で、債権残高(医療機関の観点で、調達資金残高)を一定に維持します。[1]

<取引条件>



[1] 債権の推移」をご参照ください。